2015年07月20日

DVR-1/1.0Tの内蔵HDD交換

バッファローのHDDレコーダー「DVR-1/1.0T」の録画データが満杯になってきた。
ようは録画した分を再生する時間がないためだ。
そこで内蔵HDDを交換することに。
今は亡きDTV-H500R(2.5インチHDD)の内蔵HDDを交換したこともあり、お茶の子さいさいなのだが。
じつはDTV-H500Rで使っていた2.5インチHDDを入れたかったのだ。
3.5インチHDDと違い2.5インチHDDは回転数こそ5400回転だが、発熱も低く、騒音も低い。
以前にどこかのブログでDVR-1/1.0Tの3.5インチHDDを乗せるシャーシには、「2.5インチHDDのシャーシを嵌められるネジ穴が開いてる」と見た記憶があり、そのつもりでいたのだが・・・


HDDレコーダー内部

※背面の小ネジ3本を外してケース上蓋を取り除いたところ。


HDDレコーダー分解

※HDDシャーシを外したところ。シャーシ四隅のネジ4本を外すと取れる。

HDDレコーダーHDD裏

※シャーシから外したHDDの裏側。スペーサーに該当するプレートが取り付けられている。

以上のように内部を見てみたが、
どこにも2.5インチHDDのシャーシを取り付けられる部分はなかった。
自分の持ってるDVR-1/1.0Tは最終型のはずなので、以前とは仕様が変わったのかな?
仕方ないので外付HDDとして使っていた3.5インチドライブを嵌め込んだ。
このDVR-1/1.0Tに入っていたドライブはシーゲート製バラクーダ。とても熱くなるやつだ。
対して交換したドライブは東芝製の1TBで、バラクーダよりも低温・静音のものなので
まぁ、いいのではないかな。

スレッドテーマ:カメラ・AV機器・家電・通販、買物2ちゃんねる取りまとめ:趣味・実用

2015年07月08日

OSX 10.9.5.を弄る

OSX 10.10.4にしたヨセミテを使っていたが、突如一つの前の10.9.5マーベリックを弄ってみたくなりここ数日起動させている。
FireWire400の外付HDD起動となるので体感的にはヨセミテよりも遅く感じるがとくに支障はない(ヨセミテはFireWire800の外付HDD起動)。
インターフェイスにしても、ヨセミテもマーベリックも大差なく感じられる。
一番の問題は・・・これらOS使ってて「ワクワクしない」ことなんだなぁ・・・
2015年07月04日

高いよ高いよ

友人が所有しているMacBookPro(17inch/i7クアッドコア/16GB/HDD1TB)を売りたいと言っており、それを聞いて自分もそろそろ新機種を買う時期かな?と思ってしまった。
が、現行Macminiの基本性能のショボさを考えると気持ちは萎えるし、またフュージョンドライブ搭載とかしたらMacminiで20万円超えする事を考えると、私的にはあり得ない。
適正価格じゃないよ、全く。20万円出すなら、もちっと奮発してMacPro買うわな。
どだい2012年モデルまでMacminiの梅モデル(最低機種)が5万円あれば買えたのが、今じゃUSB3.0とThunderbolt2の機能を除きスペックダウンした現行機種が6万円台とは話にならない。
その昔し、不人気きわまりなかったがワクワクして購入したエントリーモデルMacintosh II Viのが、どんなに嬉しかったか。今のMacには所有したい歓喜が欠如してると思う。
68040やG3・G4のCPUアップグレードカードで性能アップできた頃はMacに熱狂できたのに。
(製造終了後にもPowerMac6500やスパルタカスを輸入して使ってたほどだから)
自分はスマホや時計には全く興味がないので(あえて端末として使用する必要性を感じないため)、Mac以外のAppleに興味はない。
あくまでも自分が好きなのは、Appleではなく、Macintoshなのだから!!!

【 HOME 】