2016年08月03日

ダウンロード再開を成功させる!低レベルな方法

GBクラスの動画データやOS関係データをダウンロード(以下DLと表示)してると、
突然回線が不調になってDLに失敗してしまう事があります。
うちではADSL回線だった頃はMac OSXフルインストーラー(5GBくらい)のDLに何度も失敗した事がありました。
朝までに終わってるだろう?と期待したら明け方に失敗してたり・・・
その時はなぜか「DL再開」のボタンを押してもまたイチからのDLになってしまい、精魂尽き果てた事も数えきれず。
DLユーティリティーでレジューム機能付きのものも使った事がありますが、なぜか成功はせず。
ああっ、DL失敗したら日時改めてリトライしなくちゃいけないのか。。。と信じ込んでました。

お恥ずかしい限りですが、最近ようやく「DL再開必勝法」のコツが分かりまして(笑)
備忘録として記事にさせてもらいます。

現在、こんなことしなくても「快適にDL再開できてる人」には意味ないので、通り過ぎてくださいませね(笑)
また、使用するブラウザーはFireFoxで、アドオン機能拡張の「Download Status Bar」がインストールされている必要があります。
※この環境以外の人は、通り過ぎてください、すみません(笑)

▼画面1
DLバー失敗

まず、
▲画面1のようにDL失敗しちゃったとします。
このとき途中までDLできてるデータの残骸が残ってるか確認します。

×)残骸すら無い時は「あきらめてイチからのDLとなります」・・・すみません。。。
○残骸が残ってる時は、画面2へ。

▼画面2
残骸説明

たいてい残骸の末尾は「-part」と表示されてるはずです。
これを複製(コマンド + D)します。
複製するのは保険です。この後再開作業に失敗しても、またこの時点から開始する事が出来るからです。
そんなの面倒という人は無視してかまいません(笑)

▼画面3
DL再開

ブラウザー左下のDownload Status Bar「緑の矢印」から
図のように「すべてのダウンロードを再開」を選びます。

これでDLが途中から再開されます。

※実際に何度も試したのですが、これでもまだ失敗することがあります。
 それでも上記の方法を繰り返して行ってください。
 各人の端末によりますが、光回線のうちではだいたい多くても4回で無事DLできます。
※正しいかどうか分かりませんが以下は試した結果です。
 途中でDLが止まらないようにするにはDL中のページと関係ないタブを2個ぐらい開いておき、
 DLの調子が悪くなって来たら(HUBのランプなどで確認して)、別ページのタブをリドローさせると
 DLの調子が回復する事が多いです。

以上が「ローテク丸出しの解決法」でした(笑)

でも今やこの方法でOSXインストーラーのDLも怖くありません(笑)
▶︎《 続きを読む 》◀︎
 

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

< 前の(New)記事 【 HOME 】