2014年11月15日

OSX Yosemite(10.10)、MacMiniも少々

書くのは遅れたが、今回はOSX Yosemite(10.10)配布翌日にダウンロードを行った。
うちのADSL環境では5.4GBほどのデータは8時間ほどかかったものの、なんとなくスムーズ。
マーベリック(10.9)の時のように中断されるトラブルもなかった。
10.9のインストールで外付HDD(1TB)が吹っ飛んでるので、
インストールは先伸ばそうと思ったものの、なんとなく勢いでインストール実行。
予想に反してインストール時間も短く拍子抜け。
まぁ、ど鮮明なデスクトップ&透過メニュー類が現れた時はびっくりしたものの、
10.9よりも安定しており嬉しい限り。
操作レスポンスは10.9と同じくらいかな。起動直後はややモタつくがストレスはない。
しかも起動はFireWire400の外付HDDからなので転送速度が速くない環境の割にである。
これならもう10.9を起動することはないだろう(笑)

同時期に発表された新型MacMini。
自分も心待ちにしていた一人だが、ダメだこりゃ・・・
CPUがi7なしのi5なのは譲るとしても、
メモリ直付けは許せない。
しかもたった4GB。
(ストアで増設オーダーできるだろって❓)
ストアで買わない自分には論外。
定価でなんか絶対買わないからね。

そのうち値段が下がったら買ってやるかもしれないが、中級機だな。
メモリ8GB、あとグラフィックスもIrisだからね。
これが5万円なら買ってやってもいい。
それ以上の価値はない。(キッパリ‼️)
関連記事

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック