2014年11月16日

PowerMacG5導入記その3



前回すったもんだあった挙句、
シングルCPUとなったものの見事復活を遂げた我がPowerMacG5。
入手してからまともに動いてくれなかったG5。
ようやく、ようやく、ちゃんと起動してくれたときは、
そりゃあ、あなた嬉しかったですとも!
頭脳が半分になったことなんて、わたしゃ問題にしません。
それからはもう毎日のように弄り回してましたとも。
グラフイックスボードはNVIDIA GeForce FX 5200 Ultra、RADEON9600Proの両方を入手していたので
気分に応じてはめ替え。
メモリもDDR-3200の1GBを2枚追加買いしMAXの4枚4GBに。
この時点で内蔵HDDがないのと、HDDを内蔵ベイに固定するための専用ネジが入手できていなかった。
まぁ、起動ボリュームはFireWire400か800で外付HDDを接続しており、急ぐ必要はなかったのだ。

ただ、シングルCPUとなったことで上下の配置が変わってしまったため(CPUのIDが異なってしまったため)、
全てのファンが常時全開運転となることによる轟音が凄まじく・・・
最初は「聞こえないふり」をして使ってたんですが、
一週間もたって「クラッシュしないことが当たり前」の状態に慣れてくるとね、
今度はファンの暴走音が気になって気になって・・・
いやぁ、人間てのは欲深いものです。
本当にこれをどうにかしたくなって・・・

ググると・・・
PowerMac G5のCPUやロジックボードを交換した場合はサーマルキャリブレーションの調整が必要なんだそうだ。
これをやらないとG5の使用自体は問題ないが、ケース内が熱かろうが冷たかろうがファンが常に全開で回りだす。
「暴走状態」である。
これを調整するのがAppleがデベロッパー向けに流しているキャリブレーションソフトらしいのだが、
店頭販売されているわけでなく、一般人には通常入手できない。
業者に頼んで調整してもらうらしかないわけだ。
調整自体は30分もあれば終わるようだが、作業代の相場が8,000円~9,000円❗️❓
合わせて往復送料がかかるので(3,000円)ザッと1万円超えになってしまう。

いえね、こういうボッタクリっぽいの嫌なんですよね、自分。
まぁ、全部合わせて3,000円ならやってもらってもいいけれど・・・
だって作業の手間とかほとんどないでしょ❓
ソフトが勝手にやってくれるんですから・・・
なのにこのお値段。
技術料もクソもないと思いますよ。

でもって・・・
どうすっかなぁ~
めんどくせぇなぁ~
轟音のまま使うかなぁ~

とも思ったりしましたが・・・

・・・・・・・・・・・

ふふふ・・・・

そのキャリブレーションソフトを使って調整をしましたよ!😊
ファンも大人しくなって快適に稼働することができました😀
これでひと安心!

その後、オークションで
内蔵HDD(初期型のSATA-1,5Gb/sモード)と、HDDの専用固定ネジを入手しまして
PowerMacG5の整備は完了となったのでした❗️
いゃあ~めでたし、めでたし。

※現在はほとんど休眠状態。
 OSX10.5.8までしか使えないのと、Flashも使えないので動画も見れないのでネット用にもキツイため。
 たまーに起動させて弄ってはおります。
関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック