2017年04月04日

PowerMac G5 サーマルキャリブレーション


PowerMac G5のCPU換装やマザーボード交換したときは、
「サーマルキャリブレーション」というソフトウェアによる調整を行わないと複数あるファンが全開で回りだし、
まるで掃除機をかけているかのような轟音に包まれます。
今回それを行う機会が訪れ(トラブルではありません)、数年ぶりに実施しました。
やり方も数年行ってないと忘れがちなため、備忘録として残したいと思います。

最初に「サーマルキャリブレーション」を行うソフト(ASDという純正のメンテナンスユーティリティ)のCD又はDVDを
内蔵光学ドライブに入れて再起動します。

※「サーマルキャリブレーション」は上記のメンテナンスソフトのいち機能です。
 このソフトは2バージョンあり、最終型「Late2005」と「それ以外の機種」に分かれています。
※起動時に「C」キーを押したままにすると光学ドライブから起動してきます。

                    

1. ハードウェアメンテナンスの画面


●ここで必要ならばハードウェアテストを行います。
※初めてこの作業をするなら1回はテストしましょう。予想外の不具合が見つかるかもしれません。テストは繰り返しループして何度も実施できますが、その分何時間もかかります。
※私は以前に実施して、現在は不具合がないのでテストはスルーしました。
●メニューバー左上の「Thermal Calibration」をクリックします。

                    

2. サーマルキャリブレーション
asd-02.jpg

●「サーマルキャリブレーション」を行うウインドが現れます。
※左下のボタン「Calibrate Unit」をクリックして進みます。

                    

3. サーマルキャリブレーション開始
asd-03.jpg

●「サーマルキャリブレーション」が始まります。
※「10分〜30分かかる」と表示されています。うちのG5(June 2004)でも約30分かかりました。気長に待ちます。
※うちのG5は元々Dual CPUでしたが、1つ壊れたため外してあり「CPU 0番」とのみ表示されています。Dual CPUならば「CPU 1番」も表示されるはずです。

                    

4. 終わりました。
asd-04.jpg

●まったり待ってると「サーマルキャリブレーション」が終わります。
※「Quit」ボタンを押して再起動します。
 再起動後、今までの暴走音が消えている(調整済なのが)のが分かります。

 めでたし!めでたし!👏



にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

●キャリブレーション用のソフト
情報ありがとうございます。

ところで、キャリブレーション用の
ソフトの入手方法がどうしても
わかりません。
専門業者でないと入手不能とか。

お教えください。
●ありがとうございます。
情報ありがとうございます。
しかし、こんな重要なソフトが
一般の人に入手不能なんて不思議ですね。
私のオークション購入のG5も爆音で
困っています。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック