2017年11月18日

USB2.0でも快適!10.13.2 Public beta 4


ふむ、現在は Mac mini(2010)の外付HDDから「10.13.2 Public beta 4」を起動させているが、
これが不思議とストレスフリー。
ご存知のように Mac mini(2010)はUSB2.0仕様のため、外付HDDにOSなど仕込んで稼働させた日にはトロくてトロくて仕方ない。
それがなぜかスイスイ動いている。

ちなみに、OSをインサートしたHDDはSATA-1(SATA150)という初期の規格品。
公称のリンク速度は1.5Gbps(150MB/s)で最新のSATA規格に比べたら遅いはずだが、
これがなかなか心地よく動いてくれるのだ。
通常は mini(2010)でUSB2.0接続でシステム稼動させたらモタつくからね。
(腐ってもSeagate バラクーダ 7200回転だからなのか?)

「10.13.2 Public beta 4」にアップしてからは、もうこのシステムばかり使っている。
パテマップさえ破壊されなければ、それ以外でフリーズもなし、変なタイムラグもなし。
beta版だからの不安感も全くない。

「10.13.2 正式版」のリリースを待ち焦がれることもなく、
こころ穏やかにMacライフを謳歌している。

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック