2017年12月12日

10.13.2クリーンインストールでも不具合?

10132クリーンインストール後の


macOS High Sierra 10.13.2正式リリース版を、もはや恒例となったクリーンインストールしたのですが、
変な不具合に(マイナーなトラブルだと思うぞ)遭遇してます。

おいおい、正式リリース版でこれかよ❓

なんなんだ❓
ネットでもこんな症例上がってないぞ。


ちなみにクリーンインストールすると、ビルドは「17C88」でしたね。

で、どんな不具合かと言うと・・・・

●まんず、
画像のデスクトップ画面上のメニューバー、右側にサウンド、Wi-Fi、入力モード、日時など出てますよね❓
この右端が真っ白になり何も表示されなくなりました。
メニューバーの左側はちゃんと林檎マーク、Finder、ファイル、編集などキチンと表示されてます。

結局Finderを再起動させたら元に戻りました(でもしばらくすると再現します)


●次は、
入力メニューの項目が「はしょられて」おります。
ライブ変換のオンオフもここから出来ません。
いちいちシステム環境設定のキーボードまで行かないとダメです。
めんどくせぇ〜

入力メニューが変


●そして・・・

ファイルを削除しようとすると例の「43のエラー」が起きて消すことができません。
10132でも43のエラー

てっきり10.13.2に上書きアップして治ったと思ってましたが(別ボリュームでの話しです)・・・
最も安定するはずのクリーンインストールで症状が出るとは・・・

なんやねん!なにしたいねん!

てな感じですわ。。。

これらって、Finder周りの不具合ですよね。

・・・・・・

実はこのクリーンインストール、所要時間がたったの20分だったんですよ。

あれ❓
以前のPublic Beta版で手こずった魔のインストールモードかな❓

と思ってインストール処理を見てたのですが、

20分で終わって、でもアップデート時には出てたはずの「解析」画面も出ませんでした。

地域設定、キーボード設定、データ転送の設定などは出ましたが、

最後にもこのMacを設定中の画面も出なかったですね。


まぁ、後でボリューム初期化して、インストールし直してみますわ。


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック