2018年01月20日

PCI - Express x1 to x16 延長変換ケーブル


予想外のことが常に起こるのが人生。
本日も「Windowsファイル更新」を行っており、
2台目のWindowsマシンに行おうと起動したところモニターが映らない。

なんだ(・・?


いろいろと部位を見ると「PCI - Express x1を x16に変換させる」ケーブルアダプターの根本がちぎれている。
あっちこっち角度を向けてたからちぎれたらしい。
これはちょっと特殊なパーツなので近所のホムセンに行っても売っていない。
たしか、5年くらい前に秋葉の裏路地で買ったやつだからね。
またその店行くのもかったるいので、Amazonなら置いてるだろうと見てみる。
今ではチャイナあたりで製造してるようで、似たような輸入品が800円~1480円の間で販売されていた。
私は確か1000円ぐらいで買った記憶があり、無いと困るものの、使用頻度低いからできるだけ安いのが良いなと物色してると、
チャイナショップ発送で届くまで2週間ほど要する同品が300円で出ていた。

おうっ、こいつで充分!
300円なら不良つかまされても諦めつくし。。。
というわけでポチって注文してきました。

前にもLED電球をチャイナショップにオーダーしたことがあるが、
最初に送られてきたものが点灯しない不良品で。。。
クレームメールしたところ
「不快な気分にさせてしまい申し訳ない。すぐに代品を送るから勘弁してほしい。不良品は返送不要。お手数だがあなたの方で廃棄してほしい」

という具合に丁寧な日本語のメールが届いたので気をよくして待っていた。
1週間もせずに航空便で品物が届いたが、
またもや点灯しない不良品。。。

うんざりしながらも、今度は英文で

「2度も不良品が届いてがっかりしている。お前の所の店は品質管理できてるのか?」
「返金してくれてもいいが300円程度なので、できれば今度こそ正常品を送ってもらいたい」
「品物を梱包する前に、あんたのところでちゃんと点灯するか確認して、検査証など添えてくれないか?」

というメールを送ったら

「すまなかった。発送前の検査をして送るので待っていてほしい」

と返事があり、また数日経たつとやはり航空便が届いた。

でも、送られてきたライトは、またもや点灯しなかった。。。

めんどくささ満載でメールしたところ、今度は速攻で「返金した」との返事が。

2度も航空便で送ってくれたことには感謝するが、
不燃物のゴミが3個も手元に残ったことは虚しい。

遊びで注文するなら割り切れますがね。
今回もヒマなのでチャレンジしてみました。
関連記事

スレッドテーマ:Windows:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック