2018年03月31日

旧機種への10.13.4アップデート


High Sierra 正式版とbeta版合わせて、10.13.4正式版にアップデートするシステム入りパーティーションは10個を超える。
Time Machineを使わないためこのようなバックアップ方式になっているが、Time Machineに不信感があるためいたし方ない。


10134インスト準備中
※画像(1)

昨日も「Mac mini 2012」系のbeta版からは3パーティーションほどがスムーズにアップデートできた。
本日は「Mac mini 2010」系のアップデート(統合アップデート使用)を朝からやっているのだが・・・

非力なCPUのせいか、最初の段階でかなり待たされた。。。
画像(1)のところで、フリーズしたかのように5分待ち。。

逝ったかな?とリスタートさせたいのをグッと堪えて待つ、待つ、待った。。。。

やがて5分超えたあたりでブラックアウト。

その後に「ビーーーーーー」とビーブ音が鳴り、ファームウェア・アップデートが始まる。画像(2)

「Mac mini 2012」ではこんなシーンなかったと思うのだが。。。
(席を外したり、トイレ行ったりしてて最初から最後まで見てませんでした)

ファームウェア中
※画像(2)


「Mac mini 2010」など旧機種固有なのか?

多少の不安はあったが、アップデート後はいたって快適。ひと安心。


が、
あと6パーティーションのアップデートが待っている。


花見🌸はおあずけか。。。

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック