2018年06月26日

10.13.6 Public Beta 4 のインストールでトラぶるぶる〜


2台のHDDに2個ずつ、全4つのPB(パブリックベータ)ボリュームを作っています。
午前の作業で1台目のHDD(2ボリューム)はなんなく【10.13.6 Public Beta 4】に更新できました。

暑さマックスの午後に残りのHDD(2ボリューム)をアップデートしようとしたところ、
最初のボリュームでつまずきました。

インストーラーのデータをダウンロードして再起動しても、
なぜかインストーラーから起動してくれず内蔵HDDの【10.13.5 】から立ち上がってしまいます。
何度やってもダメで、こんなこと今までなかったのでちょっと焦りました。

もちろん「オプションキー押しての起動」も試しましたが、外付HDDが表示されずに選択できない有様。
本日の暑さもあって、アイスキャンデー舐め舐めしばし呆然と。。。

呆けていても仕方ないので気を取り直し、
いろいろ調べてみたところ(それが原因かどうか分かりませんが)

USB3.0ハブに接続してたことが怪しい模様。。。

そこでMac 🖥の尻に直接HDDを接続して「オプションキー押し起動」をしたところ、
無事に【macOS Installer】を起動選択できインストールができました。

PB4のインストーラーアイコン

しかし、今までなんども行ってきた環境なのに、
しかも1台目のHDDにはハブ差しでも正常にインストールできたのに。。。

全くもって分かりません。。。

単に1台目と2台目のHDDがメーカー違いなどの理由ですかね?
でも前回まで問題なくインストールできていたんですよ。

と疑問は膨らむばかり。。。

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック