2018年07月07日

再度クリーンインストール! 10.14 Public Beta 2


Mojave DL中

ボリュームを消去し、再び10.14 Public Betaのインストーラーをダウンロードしました。
フルインストーラー自体は【10.14 Public Beta1】のものでした。
※インストーラーのバージョンは14.0.11


ダウンロードし直したインストーラー使用後のビルドは、やはり【13A314k】
その後ソフトウェア・アップデートにて【10.14 Public Beta 2 】へと更新しました。

1014PB2召喚


ダウンロードするデータ容量・作業時間は午前中のアップデートと同じ。
今度はアップデート終了時に不穏な動きは見られず、無事デスクトップまでたどり着けました。


1014PB2アプデ後


1014PB2アプデ後看板

【10.14 Public Beta 2 】ビルドナンバーは【18A326h】です。


今度はマウス操作でのレスポンス低下は見られず、ホッとしましたが・・・・


Dockの収納アプリアイコンが消えていることに気づきました!

1014PB2のDock不具合

Pages、Nunbers、Keynoteのアイコンが「?」になってますが、これはインストールされてないので当然。
さらに私はこんなものあっても使わないので無視しましょう。


あえてイラつく事と言えば・・・

HDDのにフォーマットが「APFS と HFS+ の混在」となっているため、
Macの起動時間が10.13.6 beta5に比べてウンザリするほど遅くなりました。。。

そう、ログイン後にデスクトップが表示されメニューバーが完全に羅列されるまで5分近くかかることも。。。
もちろんUSB3.0接続でもです。
以前は(Public Beta 1)せいぜい2分というところでしたか。。。

これには参ってますが、おそらく「APFS と HFS+ の混在」が原因かと。。。
まぁ、全て「APFSフォーマット」にしてしまえば済むことだと思いますが。。。

今のところこれ以外に不具合は感じませんが・・・
勇みだってPublic Beta2にアップデートする必要性は全く感じませんね。
Public Beta 1で安定してる人は無理にアップデートしなくていいと思います。


以上、人柱レポートでした!

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック