2018年10月11日

セキュリティアップデート Public Beta 10.13.6 の正体?!


例の【謎のセキュリティアップデート】をかけてみました!





App Storeの履歴から見ると「Security Update 2018-002」との事です。

アッブデート後のビルドナンバーは「17G3015」です。

「High Sierra 10.13.6 正式版」のビルドは「17G65」ですから、変更されてますよね?

インストールは通常のbeta版アップデートのように行われました。
起動ツールをインストール後に再起動がかかり、所要時間は50分と表示されました。
進捗バーが少し進んだところで画面が“ホワイトアウト”。
その後にブラック背景に戻り、進捗バーは進んで行きましたが・・・

それほど経ってないのに「残り38分」と出て、数分後に「残り27分」とワープします。
また数分経つと「残り16分」にすっ飛んで、
トータルで20分かからずにアップデートは終了しました。

いろいろと操作してますが、
不具合はありません。というか差異が分かりません!

セキュリティ向上の作業を深層部でやってくれたのでしょう。
我らはただ黙って、それをありがたく受け入れればいいのです😁

本当かぁ?!


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック