2018年11月07日

続・Mac mini(2010)のメモリ増設を目論む


girl LONG2

16GBメモリーが届いたので早る心を抑えつつ、Mac miniを開腹した。
(裏蓋をパカッと開けただけですが)

OLD 8GBRAM

▲使用中の8GB-RAM(PC3-8500 SO-DIMM DDR3-1067MHz 4GBX2枚)は、ずいぶん前に9,000円くらいで購入したもの。
「安さ」と「相性」を元にネットショップのレビューを参考に探しまくり、ようやく見つけたと記憶している。
当時も1つ上の規格だと(DDR3-1333MHz?)安く買えたのだが、Mac mini(2010)は相性が出やすいと言われており、「後悔したくないなら1067MHzを!」という意見を元に該当品を購入した。

今回も最初は「価格com」で検索したが、Mac対応をうたう16GB(DDR3-1067MHz 8GBX2枚)は17,000円はしており、正直ちと高いなぁ〜と感じた。

ケチ臭いと思われるだろうが、High Sierra止まりのmini(2010)はサブ的使用(mini2012機の気分転換)とブリントアウト用に使うつもり。
それに今の8GB環境でもストレスが溜まることもないので極力無駄な投資をしたくない。今回のメモリアップグレードも、“ノリ”でやってしまってる要素が強いのだ。

なので2時間ほどあちらこちら(楽天やYahoo!、Amazonなど)探し回り、ようやく1万円ちょいの品物を見つけることができた。
Mac OS対応、Mac mini(2010)対応、相性保証あり、という代物だがすぐにはポチらず、しばらく考えた。
いつもなら「この価格なら、買うの後でもいいかなぁ〜」と呑気に構えるが、実はこれが危ない。

“マーフィーの法則”ではないが、数日後に買う気になって覗いてみると「売り切れました!入荷未定です」になってるケースがなんと多いことか。。。
私もそれで何度も枕を濡らしましたとも。。。

楽天系だと17,000円だったよな?
ならば、欲しい人は見つけたら必ず買うよなぁ?
たぶん1ヶ月は残ってないよなぁ?


ということでポチりました。

16GBRAM01.jpg

迷った理由に、以前の8GBはSamsung製だったので安心できた部分もあったから。
今回のは聞いたことないメーカー(TIMETEC)でしたので(私が知らないだけかもね)

届いたメモリーを換装したところ・・・

16GBRAM in Macmini


なんてことなく起動してくれまして、ホッと!

しかもしかも、体感できるほど起動が速い!

自慢ではないがうちのmini(2010)はメモリー増設以外は“ど”ノーマル。
内蔵ストレージもSSDでなく純正HDDなので、遅いです。
なので今朝までは起動に数分かかりましたが、今度は1分かからずログイン画面に行きます!
これはありがたい!

というか、16GBにすると起動がこんなに速くなるとは?!

これならmini(2012)よりmini(2010)の方ばかり使っちゃいそうです。


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック