2019年03月02日

ファクトリーアンロック版iPhoneが再ロック。。。


シクシク。。。
ファクトリーアンロック済 iPhone 6を初期化したら、再ロックがかかってしまいました。


iPhone 6 view


やはり噂は本当でした。


iPhone6/5sを非公式に遠隔操作にてSIMロック解除する“ファクトリーアンロック ”は、
ロック解除後に初期化や復元を行うと、
購入元のキャリアでしか使えなくなるSIMロックが再びかかってしまう。


友人の子供が格安モバイルで使うのにiPhoneが欲しいと言うので、
今は眠らせていた iPhone6(ソフトバンク版)をあげようと初期化(オールリセット)を行ったところ、
昨年末まで使えたはずのドコモ系格安モバイルのSIMを受け付けなくなりました。


初期化する



初期化後のアクティベーションができないのです。



SIMが無効


そのため元キャリアであるソフトバンクの解約済SIMを挿入すると、
見事にアクティベーションはできました。

※出来てもソフトバンク系格安モバイルしか使えないので全く嬉しくありませんが・・・

設定の一般情報の


このiPhone6は2年半前、海外業者にアンロックしてもらいました。
当時ですから2万円以上払って依頼しました。
いちおう元は取れてる計算になるため、地団駄踏んで悔しいとかはありませんが・・・
ふ〜〜〜んてな感じですかね。

実は前々から初期化したかったんですよ、内蔵データ量が増えてしまってましてね。
このiPhone6は容量16GBで、iOSアップデートの自動ダウンロードを何度か中断したおり、
そのアップデートデータを削除したにもかかわらず、キチンと容量が戻らなくなってました。
ゴミのような感じで常に2GBくらい残留しており、再起動しても消えてくれません。
でも「初期化や復元を行うと再度SIMロックがかかる」という話しがあり、初期化する勇気がありませんでした。

そして今回、必要に迫られ初期化したら再ロックされてしまった次第。
友人宅ではドコモ系SIMを使用中なので、とりあえず話はなかったことになりました。

そんなわけでこのiPhone6、ドコモ系SIMを使ってる私の手元に残ることになりましたが・・・
現在6sを使ってる私には必要ありませんし、
いつか代替機として使うためにSIMロック解除しといたほうがいいのでしょうが、
今回の件で信頼性の低いファクトリーアンロックに1万円以上払いたくも無いし・・・

いざとなれば、Amazonで販売してる“SIMロック解除アダプタ(解除SIMカード)”を使おうと思います。
1,000円〜2,000円台で購入できますからね。
それだと、iOSアップデートや再アクティベーションで再ロック状態になっても、自分で解除設定できるので何度でもアンロックできますから。
下駄タイプと異なり、最初の必要データ書き込み時に挿入したら、あとは外して使いたい格安SIMと交換するだけ。レビューを見ると“おじいちゃんでも出来た!”とありました。

そんなわけで、今さらやる人もそういないでしょうが・・・
業者に依頼する“ファクトリーアンロックサービス ”はやめたほうがいいです。

依頼後にはSIMロック解除されたしても、
売るときや譲渡時に初期化した場合、再ロックがかからない保証はありませんから。
規約を読むと「あとは責任もたん!」と明言されてますし。

キャリアによる公式のSIMロック解除ができないiPhone6/5sは、
ドコモ版以外は選択肢が少なめですがauやソフトバンク回線系の格安モバイル(マイネオ、LINEモバイル)を使うか、
“SIMロック自動解除アダプタ”がコスパ的にもいいようです。


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック