2019年03月03日

確認!ファクトリーアンロック版iPhoneの再ロック。


昨日の記事『ファクトリーアンロック版iPhoneが再ロック。。。』で、一応納得したつもりでしたが・・・

本日友人と話してたら、やたらその件に触れてくるので・・・


うるせ〜〜な!
確認すればいいんだろ?



と、こっちもウザくなって来たので、
再ロックされたと思われる iPhone6の GSX情報を取り寄せてみました。
※ GSX (Global Service Exchange。Appleのデバイス管理システム)
 Appleのサービスガイドやトラブルシューティングツールなどさまざまな技術的資料にアクセスするために使われます。


今日は日曜なので時差を考えても先方は土曜だし、届くのは週明けかな?と思いましたが、
2時間も経たずにメールが届きました。


で結果は・・・



もちろん・・・







Next Activation Policy: (次回アクティベーション時の通信会社の設定は〜)

Japan Softbank iPhone 5S/5C Policy(日本のソフトバンク回線だよ〜)





やはり、アウト!でした。



iPhone 6なのに『iPhone 5S/5C』と明記されてるところが謎ですが・・・
再度キャリアロックがかかっておりました。


ググってみたところ・・・
2016年9月以前に非公式なファクトリーアンロックされた端末は、
2016年10月にはすべてAppleによりアクティベーションサーバーの情報が書き戻されてしまった
との事。

私がアンロック完了したのは2016年夏前なので、やはり一網打尽にされたようです。。。

でも、このGSX情報を見てスッキリしました!
確証がないまま悶々として過ごすのは身体に悪いし。
海外業者に200円ほどで依頼できて(支払いはPayPal)どんな状態かが一目瞭然ですから。


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック