2019年07月17日

macOS Catalina 10.15 Public Beta3 リリース!


カタリナのアイコン120jp

2019年7月17日、
開発者向けmacOS Catalina 10.15 beta4に続き、
Apple Beta Software Program 登録(パブリックベータ)メンバー向けには3度目の配信となる
「macOS Catalina 10.15 Public Beta 3」が公開されました。
※ビルドナンバーは、開発者向け beta4と同じ (19A512f)です。


Public Beta 2で不具合出てたので喜び勇んでアップデート!
と思いましたが・・・

1015PB3通知01


ん?
いつもよりデータ量多くね?
Public Beta3とかのバージョン表示もないし?


1015PB3DL中


今回は「10.15 Public Beta3」用の差分アップデーターではなく、
なんとフルインストーラー(6,82GB)が召喚されたではありませんか?!


1015PB3のインストーラー


?このままPublic Beta2に上書きしていいの?

?それとも空のボリュームにクリーンインストールする?



しばし悩みましたが、
ええい、行ってもうたれ!!



と思いましたが・・・

こんなの出ました・・・



1015PB3ルート上のデータ消える


ようは、本来ユーザー>ホーム内の書類フォルダなどに作成しないといけないマイデータを、
アプリフォルダなどと同じ階層に作成してあったため。
前回と異なりフルインストーラーからアップデートすると、ここにあるマイデータは消えちゃうよ!
という事らしいです。

大したデータファイルではないのでこのまま決行することに!


1015PB3インストーラー2


Public Beta2システムに上書きアップデート決行です!


■データ容量=6.82 GB
■所要時間=1時間以上


1015PB3看板


結果は今までの差分アップデーター同様に処理されました。
心なしか操作レスポンスも良いような?

思いますに・・・
Public Beta 2までのシステムがメタクソに叩かれてましたから、
今回ゴッソリと根幹部を入れ替えたのか?

何はともあれ、益々の安定性を期待しとうございます!


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック