2019年07月31日

チャイナポスト、台湾ポストがクソすぎて


頼むよ・・・😂

まぁ、中華から購入した自分が悪いのですが・・・

Amazonでパソコンパーツ、家電品のパーツをよく買っています。

「国内品買えや!ボケ!」と言われそうですが、
中でもミニサイズの電球は(G4口金およびG9口金のミニハロゲン球やLEDライト、しかもDC12Vとなると)
国内流通品だとまず“高価なこと”に加えてワット数の種類が少なくて難儀します。
その点、中華大陸ですと日本では手に入らないワット数がチョイスできたりします。

ベッドサイドに置くナイトランプにもマニアックな光の演出を求める身には、どうしても中華大陸から購入する必要があるのです。
しかも国内では1個500円〜980円もする電球が、10個セットで240円/送料無料とかで買えちゃいます。
これはもう面白すぎて、国内で買ってなんていられません!


しかし、なかなか品物が来ない!


小物はほとんどChina Post(チャイナポスト=中国郵政)で発送されるため、時間がかかるのは覚悟してました。注文後2週間で届けばグッド!いい方です!
私はひと月以上かかったこともありました。

でも2度ほど途中で荷物が行方不明になったりもしました。
日本ではなかなかお目にかかれない“荷物紛失”というやつですね。
もちろん注文後トラッキングID(追跡番号)をもらっており、追跡してみましたが発送後2週間経っても中国から出てないようで・・・
(というか、最初の引き受け郵便局の情報さえも無いありさま)


20190731.jpg


それでも「きっと大らかな中華大陸だから!」と自分に言い聞かせて待ちましたが・・・
到着予定日の2週間を大幅に過ぎても(3週間くらい)荷物追跡さえできないので、さすがにAmazonにクレーム入れて返金と相成りました。

友人も同じ目にあったそうで・・・
彼の場合は中国は深圳のショップから購入したにも関わらず、【Chunghwa Post(台湾ポスト)】で発送されたらしく(問い合わせ番号から判明)、

「なんで、わざわざ台湾から発送すんねん!?」と憤ってました。

たぶん深圳のショップが在庫の関係で台湾の共同物流倉庫あたりに依頼して発送したようなのですが・・・

結論を言うと・・・
彼の場合は発送時の問い合わせ番号が違ってたようで・・・
私同様に荷物追跡をかけても表示されず、3週間後にクレームつけて返金してもらいましたが、その数日後に荷物が届いたとか。
荷物が届いて問い合わせ番号が違うことに気づきましたが、そのままシカトしたそうです笑

そんな愉快な中華圏からのショッピングですが、
毎回違ったアクシデントを提供してくれるから、愚痴ってもめげても、
やめられませんわ!


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック