2019年08月06日

Catalina 10.15 beta5を無事インストール!


macOS Mojave 10.14.6追加アップデートを掛けてから、Catalina 10.15 Public Beta4のフルインストーラーが召喚されなくなりました。
【注意】・・・
HDDを分けて「Mojave 10.14.6」「10.15 Public Beta」をそれぞれインストールしてあります。
10.14.6追加アップデートを掛けるまでは「Mojave 10.14.6(Public Beta登録済)」のソフトウェア・アップデートにて「10.15 Public Betaの更新通知」を受信できてました。

1015beta更新通知ウインドウ

※↑これはbeta版のものですが、Public Beta版も同様な通知ウインドウが出ていました。
 それが10.14.6追加アップデートを掛けてからは全く出てくれません。
 念のためPublic BetaプログラムにMacを再登録してみましたがダメでした。



AppStoreの検索から「macOS Catalina beta」を指定しても(以前はできたと思う?)「10.15 Public Beta最新ビルド」のフルインストーラーが入手できないので困り果て・・・
ニッチもサッチも行かない状況に・・・

見つかりませんでした



こんな時は「頭の切り替えが必要?」とばかり、
ホラー映画を数本鑑賞してると閃きが!


「Public Beta」がダメなら「beta版」があるじゃないか?!


早速「Developer Seed Program」に登録して試してみると・・・

最初の画像のように、beta5と思しきアップデーターの通知ウインドウが出現!

無事に「Catalina 10.15 beta5」のインストーラーを召喚できました!!


AppStore catalina beta


1015dev5DL中


カタリナdev5インストーラー


インストーラーのバージョンも「15.0.21」なのでbeta5でいいと思われます。


1015beta5の看板


もちろん今回も同様の症状を改善できる方法がないかと探りまくりましたが・・・
国内での情報は皆無でしたね・・・
お決まりの“公式サイトのリライト”記事ばかりで・・・

ヒントをいただけたのはやはり海外Macユーザーのブログでした。
とても有意義な情報をサラリと出しているあたりなど、カッコいいと思いましたね。

皆さんも困った時は、アフィリばかりの国内ブログや中身の無いリライト記事ではなく、
海外のMacユーザーブログを当たってみるといいですよ!


にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック