2016年08月27日

なかなかだ!MacOS Sierra パブリックベータ6

netflix-macbook-laptops.jpg


(過去記事でも触れたが)
MacOS Sierra Public Beta 6(10.12 パブリックベータ6) を試用している。
しかもインストールマシンがMac mini(Mid 2010)というCore 2 Duo搭載のマシンでだ。

(過去記事で何度も騒いだが)
OSX 10.8.5なら現役、10.9.5だとまぁ使える状態でOSX 10.10や10.11ではOSやアプリの起動はもちろん、ファインダー操作も重くて遅くてストレスが溜まる状態だ。メモリは公称MAXの8GBなのにだ。
むろん私の事だから動画ソフトや3Dレンダリングをグリングリンするわけではないのにだ。

そんな低スペックマシンに、macOS Sierra(10.12)パブリックベータ6を入れて試用しているのだ。
中には「正気の沙汰か?」と思われる人もいるだろう。
ところが、これが結構快適なのだ!

試用に当たりAppleとの契約に同意しているため「本OS固有の機能・特徴」「生ずる不具合」などを許可無く公表したり、WEBでスクリーンショット公開したり、試用登録者以外に口外したりできないため、具体的なことは述べられないが。
Mac mini(Mid 2010)の内蔵HDD(5400回転)でもストレス無く使えている。

私感になるが、OSX 10.10や10.11よりも体感的には軽いと思う。
外付デバイスから起動させるとMac mini(Mid 2010)特有のUSB.2.0制約のため重く遅くなるが、内蔵HDDからならSSDでなくとも快適である。

MacOS Sierra。
これは期待できそうだ!

ふむ、蝉の声が今日は少ないな。。。

正式版のリリースが待ち遠しい今日この頃である。
にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


pd12.jpg

やるじゃないか!
Parallels Desktop 12
MacOS Sierraに対応だそうだ!


▶お求めはこちらから◀
関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック