2016年08月29日

見っけ!Mac用ディスクアクセス表示アプリ

先日の記事で「MacOS Sierra Public Beta」をMacminiの内蔵HDDで快適に使っていると書いた。
それはとても喜ばしいのだが、問題が一つ。
大容量データのダウンロードやクローンコピー作業において、内蔵HDDのためにアクセスLEDランプに相当するものがないのだ。
まぁ、なくても問題はないのだが、やはりHDDの読み書きをリアルに知れた方が都合よくはないか?
時々アプリが無反応になってたりすることもあるから、この機能はあった方がいいと思うぞ。
かつてOS 9.2.2時代には(OSX 10.0〜10.2位にもあったかどうか忘れたが)「ノートン・ユーティリティ」の中に「DiskLight」なるインジケーターが付属しており、容易にディスクの読み書きを知ることができた。
以前からこいつを使いたい!と思っていたので、今回MacOS Sierra Public Beta試用にあたり、やはりこいつが欲しくなりググったところ、
「Macのノートン・ユーティリティはもうないから、DiskLightもないよ」
「今ならアクティビティ・モニタに同機能があるでしょ?」
みたいなコメントがあり、やってみたがよく分からなかったので、さらに電脳海へと探査に乗り出した(笑。
なんとか見つけて(ググるとフリー版であるのだが、なぜかDLできないものが多かった。リンク切れとか)使ってみると、うん、これはいい!
「Disk spy」という名前だ!
元祖「DiskLight」同様にメニューバーに常駐させるアプリケーションで(※DiskLightは機能拡張)、読み書き状態がリアルにわかる。元祖と違い、こちらはカラー表示でもある。
これが欲しかったのだ!
2009年製だが、試したところOSX 10.11.6まで対応してる(10.12パブリックベータには非対応)。

いやぁ〜ほとんどの人には無くても良いユーティリティかも知れないが、サイコなマニアックな自分には欠かせないアイテムなのだよ!


※読み書き状態が緑と赤のインジケーターで分かりやすい。

diskspy-2.png
※OSX10.11.6にて問題無く作動している。


なお、今後MacOS Sierra正式版が出た後は、
アップルストアで販売中のMac用ディスクアクセス表示アプリ「Disk LED」が良いかもしれないぞ。
↓$3.99で絶賛発売中だ!(笑

diskled.jpg

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村
関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

●いいもの知りました
教えてもらったスパイのほうインストールしました。
hddの動きが分かるのでありがたいです。
便利だとおもいます。
●それは良かった!
私の情報がお役に立ったようで幸いです!
元祖「DiskLight」は機能拡張のためコンフリクトする可能性がありましたが、こいつはアプリケーションなのでその心配は低いはずです。
短所としては毎回Mac起動後に「DiskSpy」を立ち上げてやる手間はありますが、それぐらい何でもありませんよね?
我々は開発者の方に感謝して使わせていただくのですから。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック