2020年10月29日

Mac mini Late2014は期待はずれ・・・


でした。。。
まぁ分かってたことなんですがねぇ。。。

この7月にMac mini(Late2014)の竹・松・特上松モデルを入手し一時は嬉々としていたサイコ野郎ですが・・・
Big Sur ベータ版のインストール及びアップデート時の時間のかかる点と重ったるさのため、売っぱらってしまいました。
一応「松モデル」は残してありますが・・・

とくに期待外れだったのが「特上松モデル」こと「プロセッサー i7 3.0GHz/メモリ16GB/1TB〜2TB FusionDrive」。
デュアルコアとは言え i7だからと期待してましたが、 松モデルこと「i5/2.8GHz/1,12GB FusionDrive」と体感的に変りませんでした。。。
かつBig Surでは特上松モデルでも重ったるくてストレス溜まりまくりでしたから。。。

Big Sur使用する目的なら「Mac miniの2018モデルか2020モデル」にすべきだと思い知らせれましたね。
2012モデルのi7クアッドコアを手に入れパッチ当ててBig Sur使おうかとも考えましたが(Big Sur Patcher)・・・
イマイチやる気が起きずで・・・

今は大人しくして、
Apple siliconのMac miniが出たら買うのが賢明と思いますわ。。。

関連記事

スレッドテーマ:Mac:コンピュータ

【 HOME 】





コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック